本文へスキップ

だいすきヘルプマーク

ヘルプマークが配布されない、配布の見込みがない方のために。自作を支援する目的の会です。

ヘルプマークとは?
義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、東京都が作成したマークです。

Q&A

イメージ01

ヘルプマークはどんな人がつけられるの?

ヘルプマークをつけれる対象者は「義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々」とあります。つまり、対象となる人は老若男女、障害者手帳の有無などは関係ないのです。妊婦がつけられるのですから、一時的な怪我や病気などでも対象となる筈です。「助けて欲しい」と言うPRのためのカードです。

イメージ02

手に入れられる場所

都営地下鉄各駅(押上駅、目黒駅、白金台駅、白金高輪駅、新宿線新宿駅を除く)駅務室、都営バス各営業所、荒川電車営業所、日暮里・舎人ライナー(日暮里駅、西日暮里駅)駅務室、ゆりかもめ(新橋駅、豊洲駅)駅務室、多摩モノレール(多摩センター駅、中央大学・明星大学駅、高幡不動駅、立川南駅、立川北駅、玉川上水駅、上北台駅)駅務室(一部時間帯を除く)、東京都心身障害者福祉センター(多摩支所を含む)。
各都道府県の場合、配布されていない所もあります。市役所・役場などの配布の場合、住民のみが配布対象になっている事が多いようです。

イメージ03
イメージ04

無料でもらえる??

配られていないからと、自分の居住地区以外の市役所などに押しかけ、発行を強要する人がいます。でも、よく考えて下さい。市役所などの行政で配られるものは、居住地区住民の血税で発行されています。鉄道会社などの場合は運行収益です。つまり住民税を納めていない居住地区の人、鉄道等の交通機関に乗らない人はサービス料を支払っていない人=受け取る資格はない、とも捉えられると思います。もちろんそんな事を公に言う人は滅多にいません。何も言わずに交付してくれる所もあると思います。でも、他の居住区の住民税の恩恵を奪ったり、使用しない鉄道会社にわざわざ赴いて受け取るのは良くないのではないかと思います。業務妨害に当たるかもしれませんし、他の住民の方の税金を泥棒しているようではありませんか?  私の体験談

information会員特典・自作ヘルプマーク

なかなか広まらないヘルプマーク。なかなか入手できないヘルプマーク。けれど、「助けて欲しい」と言う人は誰でもつけられるマークなのです・・・。当会は、印刷して使える「ヘルプマーク」「ヘルプカード」を用意しました。ネットプリントを使い、コンピニで印刷できる番号も公開しております。 「自分で作ろう」のページからご利用下さい。
不具合・ご意見等ありましたら、フォームからどうぞ。
その他の画像集・・・ご自由にご利用下さいませ。